お役立つ情報満載ブログ

役立つ情報を配信していく満載ブログです。いろんな情報をテーマ別に掲載していきます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< WTO全会一致の手法限界 | main | 杉内 最後の決め手は背番号18 >>

合格しても…弁護士の就職難深刻

司法試験に合格して今月、司法研修所を卒業したのに弁護士会に登録しなかった人が過去最多のおよそ400人、全体の20%に上っていることが分かりました。日弁連=日本弁護士連合会は、司法試験の合格者が増えて「就職難」が深刻化しているものとみています。司法研修所を卒業する人は例年2000人余りに上りますが、このうち、裁判官や検察官に任官する百数十人を除くほとんどの人たちが弁護士を志望しているとみられています。日弁連の推計によりますと、今月14日に司法研修所を卒業した1991人のうち、弁護士会に登録しなかった人は全体の20%に当たる404人に上りました。これは、平成18年に新たな司法試験の制度が導入されて以降で最も多く、去年の2倍近くに増えています。弁護士として活動するためには弁護士会への登録が必要ですが、法律事務所に就職できず、年間50万円以上の会費を支払えないとして登録をあきらめた人も多いとみられます。日弁連は、就職難の背景には司法試験の合格者が増えたことに加え、弁護士に対する社会のニーズが当初の想定より伸びていないことなどがあるとみています。日弁連は相談会を開くなど、対策を強化することにしていますが、弁護士の数が増え続けるなかで、就職難は今後一層深刻化するとみて、司法試験の制度の見直しを求めていきたいとしています。

三井住友銀行外貨両替
ホワイトコール24
携快電話
電話メモのダウンロード
日本航空インターナショナル

お役立ち情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jyohomansai.jugem.jp/trackback/83
この記事に対するトラックバック