お役立つ情報満載ブログ

役立つ情報を配信していく満載ブログです。いろんな情報をテーマ別に掲載していきます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 人気スイーツに鍋まで、AKBを真似た“総選挙”がブームに | main | 合格しても…弁護士の就職難深刻 >>

WTO全会一致の手法限界

「ドーハ」包括合意断念01年に始まった世界貿易機関(WTO)の多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)は、10年で「活動休止」宣言に追い込まれることになった。「自由貿易」推進の大義名分があるため「つぶすにつぶせない」で存在し続けざるを得ないが、保護主義の抑止さえ、政治アピールの域を出ない。全会一致による合意形成で貿易自由化を進める手法は限界を露呈。機能回復する日が来るのかも見通せない。今年は「全交渉分野での一括合意」というラウンド交渉の目標を捨て、部分合意を目指したが、夏前にはそれもついえた。「自国は自由化せず、他国の譲歩だけを引き出す。輸入を増やさず輸出だけ伸ばす。他国の犠牲で自国の景気を回復する近隣窮乏化策に陥っている」。WTO高官は嘆く。ラミー事務局長は「政治交渉のエネルギーこそWTOのパワーの源泉」との持論を封印し、最近は「各国貿易のデータベース化や紛争処理など通常業務拡充の意義」を強調。地盤沈下は否めない。中東カタールの首都ドーハでラウンドの交渉開始に合意したのは、「9・11テロ」の2カ月後。世界がイスラム教をめぐり反米と親米に分裂しかかっていた時だ。世界貿易を通じた途上国の開発支援という理念が原動力だった。

ふくらはぎのむくみ・解消
骨盤矯正ダイエット効果
プロポリスの効能・効果
口内炎の治療法
ウコン 効能と効果

お役立ち情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jyohomansai.jugem.jp/trackback/82
この記事に対するトラックバック